中日・根尾 代打の代打で本拠地デビューも三振「なんとか出塁したかった」

[ 2020年8月9日 18:08 ]

セ・リーグ   中日2―2巨人 ( 2020年8月9日    ナゴヤD )

<中・巨>10回2死、代打の代打・根尾は空振り三振に倒れガックリ(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 本拠地デビューも快音は響かなかった。

 中日・根尾は2―2の延長10回2死から、代打で打席に立ち、1軍公式戦としては、プロ入り初となるナゴヤドームデビュー。

 代打のA・マルティネスが空振りした際に負傷し、交代となったため1ストライクからの登場となったが、名前がコールされると球場内は大歓声に包まれた。

 サヨナラ勝ちを期待する竜党からは大きな拍手が送られたが、フルカウントまで粘ったものの田中の151キロ直球に空振り三振に倒れ、引き分けでゲームセット。1ストライクからの登場に「あのような形で代打で出るのは初めてです」としながらも「僕はどんな状況であろうと、結果を出さなければいけないので、なんとか出塁したかったです」と悔しさをにじませた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月9日のニュース