広島・長野 先制弾で自身最長の6試合連続打点「風に乗ってくれた」

[ 2020年8月9日 05:30 ]

セ・リーグ   広島2-1阪神 ( 2020年8月8日    マツダ )

<広・神(7)>1回2死、左中間にソロ本塁打を放った長野はベンチ前で両手を広げ喜ぶ(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 広島の長野が自身最長の6試合連続打点となる先制アーチを放った。

 初回2死無走者でカウント2―1からの西勇のスライダーを左中間席にまで運ぶ3号ソロとするも、「風に乗ってくれた」と謙そんした。

 7試合連続安打中で、その間は、打率.429(28打数12安打)、3本塁打、9打点。先発出場試合のマルチ安打は5試合連続で止まるも、相変わらずの好調ぶりを示した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月9日のニュース