DeNA・山崎 3人斬り!東東京Vの母校・帝京の後輩へ「最大限の敬意を払いたい」

[ 2020年8月9日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA5―4ヤクルト ( 2020年8月8日    神宮 )

<ヤ・D>7回、力投する山崎(撮影・吉田 剛)
Photo By スポニチ

 7回からでもヤスアキはヤスアキだ。3点差の7回に3番手でマウンドに上がったDeNA・山崎は、先頭の山崎を宝刀ツーシームで左飛、西田は直球で右飛に仕留めた。最後は広岡を低めのツーシームで追い込み、149キロ直球でバットに空を切らせた。

 「優勝は3年間頑張ってきたことの成果。本当に誇りに思うので、胸を張ってほしい」

 試合前に母校・帝京が東東京大会を制したニュースが飛び込んできた。自身は2年夏、3年春に甲子園出場を経験したが、エース番号「1」をつけた3年夏は出場を逃した。

 今年は勝っても甲子園の舞台はない。それでも「卒業生として最大限の敬意を払いたい」と祝福。後輩の快進撃にあやかって守護神復活を目指す。(君島 圭介)

 ▼DeNA・今永(5回2/3を2失点で5勝目)粘っていれば味方が援護してくれるので、次回も粘り強く投げることを意識したい。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月9日のニュース