慶応 7回コールド圧勝 公式戦初4番の水鳥が先制二塁打「何としても打ちたいと」

[ 2020年8月9日 05:30 ]

神奈川2回戦   慶応9―1横浜氷取沢 ( 2020年8月8日 )

<慶応・横浜氷取沢>初回2死一塁、左適時二塁打を放つ慶応・水鳥(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 慶応(神奈川)が横浜氷取沢に7回コールドで3回戦に進出した。初回2死一塁から4番の水鳥遥貴(3年)が左中間へ先制二塁打。「何としても打ちたいと思っていた。低い打球で外野の間を抜けて良かった」。

 小中学校では4番の経験がなく、コロナ禍の自粛明けの練習試合で初起用。公式戦4番初打席で結果を残し「自分の役割はホームランではなく走者を還すこと。最初は(打順に)違和感があったんですけど慣れてきました」と笑った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月9日のニュース