阪神・島本 ブルペン投球再開 左肘の張り後は初「確認するため」

[ 2020年8月9日 05:30 ]

ブルペンで投球練習を行う阪神・島本
Photo By 代表撮影

 6月23日のウエスタン・リーグ、オリックス戦の登板後に左肘の張りを訴え、ノースロー調整となっていた阪神・島本が、初めてブルペン投球を行った。

 鳴尾浜の残留練習で捕手を立たせたまま直球のみ20球。「(強度的には)7割くらいですかね。今どのくらいの感覚かなと確認をするために」。今月2日にキャッチボールを再開したばかりで今後も状態を見極めながら調整を進めていく。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月9日のニュース