阪神・秋山 7月28日以来の先発で6回1安打1失点 先発の役割果たす

[ 2020年8月9日 20:32 ]

セ・リーグ   阪神―広島 ( 2020年8月9日    マツダ )

<広・神>力投する阪神先発の秋山(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 3連敗阻止を託された先発・秋山が6回1安打1失点と好投し、期待に応えた。

 失点は2回1死二、三塁から菊池涼に許した犠飛のみ。リズムのいい投球でアウトを積み重ね、2回以外は安打すら許さず。3回1死では坂倉の大飛球を近本がフェンスに激突しながら好捕するなど野手の好守にも助けられ、スコアボードにゼロを積み重ねた。

 9回5失点で完投勝利した7月28日ヤクルト戦以来の先発で先発の役割をしっかり果たし、救援陣にマウンドを譲った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月9日のニュース