阪神・秋山 援護もらった直後に追いつかれる 菊池涼が犠飛

[ 2020年8月9日 18:50 ]

セ・リーグ   阪神―広島 ( 2020年8月9日    マツダ )

<広・神>2回1死二、三塁、菊池涼の左犠飛で三塁走者の鈴木誠の生還を許した秋山(撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 先発を託された阪神・秋山は援護をもらった直後の2回に同点を許した。

 先頭の鈴木誠を四球で歩かせると、1死から堂林に右翼への二塁打を浴びて二、三塁。7番・菊池涼に初球を左翼への犠飛とされた。続く田中広は申告敬遠とし、投手の遠藤を三ゴロに打ち取って逆転は許さなかった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2020年8月9日のニュース