ヤクルト高津監督 恩師・野村さん訃報に涙「またボヤいてほしかった」

[ 2020年2月11日 14:16 ]

<ヤクルト浦添キャンプ・9日目>野村氏の訃報に涙する高津監督(撮影・村上 大輔)
Photo By スポニチ

 ヤクルトの高津臣吾監督(51)が11日、恩師である元ヤクルト監督・野村克也さんの訃報に涙を流した。

 午前の練習が終わると球団関係者、選手全員が球場のセカンドキャンバス後方に集まり黙とうした。その後、指揮官は取材に応じ「入団当時から一から十まで、プロ野球の難しさ、厳しさを教わりました。(監督をしている姿を)見てもらいたかったし、またボヤいてほしかった。まだ教わることはたくさんあった」と時折、声を詰まらせ、涙をぬぐいながら話した。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年2月11日のニュース