阪神・中田 シート打撃登板で順調仕上がり披露 

[ 2020年2月11日 12:10 ]

<阪神春季キャンプ>シート打撃に登板した中田(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 ソフトバンクから移籍の中田、新外国人のガンケル、エドワーズが初のシート打撃に登板した。

 中田は順調な仕上がりで、マルテに中越え安打1本を許したが、打者6人を1安打1三振1四球。ガンケルはサンズ、ボーア、福留、糸井にヒット性4本を許し、打者6人4安打1三振。エドワーズは力のある球で福留を見逃し三振、糸井を空振り三振など打者5人無安打2三振1四球の内容。

 中日・金子スコアラーは「ガンケルは安打性があったが、低めに集まればゴロを打たせることが出来そう。エドワーズはパワータイプ。コントロールもいい」と警戒を強めていた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年2月11日のニュース