【キャンプ隠しマイク】阪神・糸井、少年に“びっくり”ファンサービス「打ってみるか!」

[ 2020年2月11日 07:30 ]

<阪神春季キャンプ>バッティング練習する糸井(撮影・平嶋 理子)
Photo By スポニチ

 ◎阪神・糸井は室内練習場の関係者エリアで見学していた少年に「打ってみるか!」とお誘い。冗談かと思いきや本当に打席に呼んでバットを手渡し「160キロ出るから。速いぞ~」とストレートマシンと対戦させました。超人らしいド派手なファンサービスでした。

 ◎沖縄の人気スポット「美ら海水族館」に行ったことがないという日本ハム・木田投手コーチ。癒やしには最高の場所と勧められたが「大丈夫です。(前日に宜野座の阪神キャンプで)ブルペンに咲いていたたんぽぽで癒やされたので」。意外にロマンチストです。

 ◎広島・矢崎は、ブルペン投球に備えて淡々とキャッチボール。その表情が硬かったのか相手役の石原慶が「怒ってんのか?」。練習中も若手いじりを忘れない大先輩です。

 ◎両親の前でのブルペン投球となった広島・遠藤。ナイスボールに捕手役の中村奨が「母ちゃん見てるぞ!」。自慢の息子ですね。

 ◎居残りで特打を行った阪神・中谷は本紙記者が「少しだけ…」と話を切り出すと「ダメです!」とピシャリ。その後、快く取材に応じてくださいました。

 ◎高知・安芸球場に到着した阪神・中村豊2軍守備走塁コーチはあまりの寒さに「もう帰ろか!」。まだ練習は始まってすらないです。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年2月11日のニュース