阪神・梅野 “初陣”でいきなり快音

[ 2020年2月11日 13:46 ]

練習試合   阪神―日本ハム ( 2020年2月11日    名護 )

 阪神・梅野隆太郎捕手(28)が、11日の日本ハム戦で会心の先制打を放った。

 2回無死一、二塁で迎えた第1打席。1ボール1ストライクから杉浦の144キロ直球を中前に弾き返す適時打で二塁走者の高山を迎え入れた。今春自身初の対外試合の最初の打席で結果を残し、正捕手としての存在感を示した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年2月11日のニュース