レッドソックス グラテオル獲得消滅もベッツ&プライス放出でトレード成立

[ 2020年2月11日 02:30 ]

 ツインズからのグラテオル獲得が消滅したレッドソックスも、ドジャースとの2球団でのトレードが成立したと各メディアで伝えられた。外野手ベッツ、先発左腕プライスを放出し、昨年台頭した外野手バードゥーゴと内野手ダウンズ、捕手ウォンのマイナー選手2人を獲得する。また、レ軍はプライスの残り3年の契約総額9600万ドル(約105億6000万円)の半分を負担するという。

 一方、ド軍がエンゼルスと進めていた、外野手ピダーソンら3選手を放出してエ軍の内野手レンヒーフォを獲得するトレードは、消滅したと報じられた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年2月11日のニュース