広島・小園、遊撃獲りへ奮闘2の2「絶対に打ってやるという気持ちだった」

[ 2020年2月11日 05:30 ]

紅白戦   白組5―2紅組 ( 2020年2月10日    天福 )

<広島キャンプ>紅白戦の2回無死二、三塁、メヒアの左前打で二塁走者の小園が生還(捕手・石原貴)=撮影・奥 調
Photo By スポニチ

 遊撃の定位置奪取に燃える広島2年目の小園が白組の「6番・遊撃」で出場し2打数2安打と気を吐き「絶対に打ってやるという気持ちだったので良かった」と胸を張った。2

 回の薮田との対戦ではスライダーを中堅右にはじき返し、自慢の俊足を生かして二塁打とし、4回は一岡のフォークを右前打。その後に二盗にも成功し、さらに投球がバウンドしたことに乗じ、果敢にスタートを切って三進。「どんどん走っていきたい」と話した。

 1年目の昨季は、田中広の不振もあって58試合に出場した。その田中広とのレギュラー争いへ「持ち味はアグレッシブにやること。若さを出していきたい」と気勢を上げた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「野村克也」特集記事

2020年2月11日のニュース