DeNA2年目斎藤、プロ初先発は「チャンス」も緊張?エスコバーから「口数少ない」

[ 2019年9月7日 13:23 ]

セ・リーグ   中日―DeNA ( 2019年9月7日    ナゴヤドーム )

 DeNAの2年目・斎藤俊介投手が8日の中日戦(ナゴヤドーム)でプロ初先発する。

 JX―ENEOSから17年ドラフト4位でプロ入りした右腕。新人だった昨季は度重なる故障に泣き1、2軍ともに登板はなかった。今季1軍初登板を果たすと、ここまで全て救援で13試合に登板して防御率7・41。4日のイースタン・リーグ、日本ハム戦に2番手で登板し、3回を無失点に抑えていた。「(先発は)重圧に感じることなく、僕にとってチャンスだと感じた。中継ぎでやった経験をそのまま出せればちゃんとできると思います」と意気込みを語った。

 しかしすでに緊張を感じているようで「今日のアップ中、エスコバーに口数が少ないって言われました。でも“同じベースボールだ”って言われたので、その言葉を胸に頑張ります」と笑った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月7日のニュース