ヤクルト・ブキャナン 三塁コーチャー無視の“暴走”にネット賛否両論「アツい」「反省して」

[ 2019年9月7日 19:36 ]

セ・リーグ   ヤクルトー巨人 ( 2019年9月7日    神宮 )

3回無死一塁、太田の二塁打で一塁から一気にホームインするブキャナン(撮影・森沢裕)
Photo By スポニチ

 ヤクルトのデービット・ブキャナン投手(30)が7日、巨人戦の3回、三塁コーチャーを無視して生還。1点を返したが、この“暴走”にベンチの小川監督は厳しい表情。打席で右手を痛めたとみられ、4回のマウンドに上がることなく降板した。

 0-3の3回、先頭打者で打席に立ち、セーフティーバントで出塁。無死一塁、続く太田が二塁打を放つと、ブキャナンは一気に三塁へ。三塁コーチャー・河田外野守備走塁コーチが三塁で静止のジェスチャーをしたが、ブキャナンは無視し本塁へ。スライディングで突入し1点を返したが、この“暴走”はネット上ではすぐさま話題となり、ツイッターのトレンド入り。「全力疾走でホームインしてる姿に感動」「あれだけ気持ち出す選手いいよね、アツい」「怪我をしたのは反省してほしいけど…」「先発ブキャナンが大誤算」と賛否の意見が飛び交った。

 ブキャナンはバントの際に右手を痛めたとみられ、4回のマウンドには上がらず2番手・大下にバトンタッチ。自身3連勝中と好調を維持していたが、3回5安打3失点で降板となった。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月7日のニュース