楽天4連敗で5月以来の借金 ブラッシュは球団史上初の来日1年目30号到達

[ 2019年9月7日 05:30 ]

パ・リーグ   楽天4―5西武 ( 2019年9月6日    楽天生命パーク )

先制の左越え2ランを放つブラッシュ(撮影・長久保 豊)
Photo By スポニチ

 楽天は痛恨の逆転負けで、5月17日以来の借金生活に転落した。初回にブラッシュの2ランで先制も、先発・弓削が3回に5失点。1点差にまで詰め寄ったが、6回以降は打線が沈黙した。

 球団の外国人選手では初めて来日1年目で30本塁打に到達したブラッシュは「良い数字だけど、目標はCSなので」と喜べなかった。4連敗で勢いを失っているが、平石監督は「負けたのは私の責任。毎日が勝負なのでしっかり切り替えたい」と前を向いた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月7日のニュース