巨人、今季ワーストタイ6連敗 原監督「アゲンストの風をみんなで押し返さないと」

[ 2019年9月7日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人2―5ヤクルト ( 2019年9月6日    神宮 )

7回1死一、三塁、三邪飛に倒れた丸(右)の奥で険しい表情の原監督(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 巨人・原監督は現状を「風」に例えた。5年ぶりV奪還を視界に捉える中、今季2度目でワーストタイの6連敗。「今は順風ではない。アゲンストの風が吹いているわけだから、みんなで風を押し返さないと」。選手個人名は挙げず「みんなの力」と再び言った。

 連敗脱出へ、打順組み替えの手を打った。2、3番の「サカマル」を入れ替え、6月6日楽天戦以来今季3試合となる「2番・丸、3番・坂本勇」で並べた。今6連敗中の平均得点は2・2点。相手先発の石川に対し、指揮官は「左投手にというところで、少し風景を変えたい」という意図があった。

 その2、3番に好機が訪れたのが1―2の7回だった。先頭から3者連続代打攻勢で1死一、三塁として、丸に打席が回る。だが、石山の初球を打ち上げた。145キロ直球に三邪飛に倒れ「積極的にいこうと思ったけど仕留めきれなかった」。続く坂本勇も初球を遊飛とし、1点を奪うことができなかった。

 丸は広島からFA移籍した今季も大きな好不調の波はなく、全試合先発出場を続けるが、ここ6試合に限れば22打数2安打、打率・091だ。「結果として出ていないわけですから。自分の中で反省して、しっかり練習する」と言った。

 2位・DeNAが敗れたためゲーム差は2・5のままだったのが救い。「選手みんなで悪い流れをプラスに変えられるようにしたい」と坂本勇。残り17試合。追い上げを振り払うには一丸で風を変えるしかない。 (神田 佑)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月7日のニュース