ロッテ、マーティン中堅起用が裏目 まさかの2失策 井口監督「しっかり捕ってくれないと」

[ 2019年9月7日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ0―2ソフトバンク ( 2019年9月6日    ヤフオクD )

5回無死一塁、松田の打球を落球したマーティン(撮影・中村達也)
Photo By スポニチ

 目を疑う2失策だ。ロッテは不動の「1番・中堅」だった荻野が腰痛で登録抹消となり、中堅はマーティンを来日初起用。だが、5回無死一塁、松田宣の飛球を落球し、1死二、三塁では甲斐の中前打で先制された。さらに6回2死一塁では内川のフライを2度目の落球で追加点を与えた。

 打撃では初の1番起用も2三振で途中交代。無安打無得点負けを喫し、連勝は3で止まった井口監督は「しっかり捕ってくれないといけなかった」と厳しかった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月7日のニュース