U18侍、2度リードも… 代打で先制打の熊田「準備はしていた」

[ 2019年9月7日 05:30 ]

第29回WBSC U18W杯 スーパーラウンド第2戦   日本4―5韓国 ( 2019年9月6日    韓国・機張 ドリームボールパーク )

<韓国・日本>タイブレークの延長10回1死二、三塁、勝ち越し2点適時二塁打を放つ武岡(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 U18侍打線が試合後半に機能した。7回2死一、二塁、今大会初めてスタメンを外れた熊田が代打で登場。先制の右前打を放ち「回ってきた時のために準備はしていました」と話した。

 タイブレークに突入した2―2の10回1死二、三塁では2番・武岡が右越えに勝ち越しとなる2点二塁打を放ち「スライダーに反応できた。きっちりボールに合わせることができた」と振り返った。常に先手を取る展開に持ち込んだが、それも勝利には結びつかず。試合後、ナインは厳しい表情で帰りのバスに乗り込んだ。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月7日のニュース