オリックス・宜保 まさかの“プロ初安打”取り消し リクエストで判定覆る

[ 2019年9月7日 16:39 ]

パ・リーグ   日本ハム―オリックス ( 2019年9月7日    札幌D )

オリックスの宜保
Photo By スポニチ

 オリックスのドラフト5位・宜保(未来沖縄)のプロ初安打が“まさかの形”で取り消された。

 5回に代打での途中出場となった宜保は、7回の2打席目に堀の直球を二遊間へ飛ばし、快足を飛ばして一度は一塁セーフの判定。しかし、このジャッジに対して日本ハムの栗山監督がリクエストを要求し、映像で確認した結果、二ゴロに変わり、プロ初安打が消された。

 宜保は前日6日の日本ハム戦でプロ初出場を果たしたが、3打席無安打。「1軍は良い投手が多いので、準備をしっかりして明日に備えたい」と話していた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月7日のニュース