ソフトB甲斐、攻守で千賀の快挙アシスト「最高の顔が見られた」

[ 2019年9月7日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク2―0ロッテ ( 2019年9月6日    ヤフオクD )

お立ち台でポーズを取る甲斐(左)と千賀(撮影・中村達也)
Photo By スポニチ

 ソフトバンク・千賀とともにお立ち台に立った同じ育成出身の甲斐が感極まった。「最高にうれしい。今日は千賀のために何とか勝ちたいと朝から思ってきた」と目元を潤ませた。

 この日はベンチで座る位置を千賀の隣に変え、普段より多く会話を交わした。「千賀の苦しい顔を間近で見てきた。自分自身も悔しい思いをしてきた。今日は最高の顔が見られた」と喜びをかみしめた。バットでも0―0の5回1死二、三塁から決勝中前打で快挙をアシストした。 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月7日のニュース