DeNA2日連続の“お付き合い” 平良がワースト7失点KO「修正できなかった」

[ 2019年9月7日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA4―8中日 ( 2019年9月6日    ナゴヤD )

3回無死一塁、ビシエド(左)に勝ち越しとなる2ランホームランを打たれ、ガックリの平良(撮影・椎名 航)
Photo By スポニチ

 「竜キラー」がまさかのKOを食らった。DeNA先発の平良は3回2/3を投げ、自己ワースト7失点。中日戦はプロ入り10戦目で初黒星となった。初回に3点を失うと、同点とした直後の3回にビシエドに2ランを被弾。持ち味の制球力が影を潜め「カウント不利な状況を多くつくってしまい、甘く入った球を打たれた。試合の中で修正することができませんでした」と肩を落とした。

 首位の巨人も敗れたためゲーム差は2・5のままだが、2戦連続の“お付き合い”。ラミレス監督は「初回からタフだった。同点に追いついてもすぐに向こうに流れが行った」と険しい表情だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月7日のニュース