前監督・高橋由伸氏が連敗中の巨人にエール「まだ首位。やってきたことをするだけ」

[ 2019年9月7日 19:00 ]

ファンケル キッズベースボール2019in東京都世田谷区 ( 2019年9月7日    駒沢公園 )

ファンケルキッズベースボールで少年野球チームの子どもたちに指導する高橋氏
Photo By スポニチ

 巨人の高橋由伸前監督(44)が連敗中のチームにエールを送った。「負けているとは言え、まだ首位にいる。日々やってきたことを代えることは何もないと思う。今まで通りやってきたことをするだけ」と現状にも慌てることは全くないと強調した。

 この日は「ファンケル キッズベースボール」の新任講師として槙原寛己氏(56=本紙評論家)村田真一氏(55=前巨人ヘッドコーチ)らと37チーム、570人の少年野球球児を指導。打撃教室では「ボールから目を離さない」など基礎的なアドバイスを送るとスタンドまで届くティー打撃を披露し、子どもたちを喜ばせた。

 なお同教室の総監督は原辰徳・巨人軍監督(61)が務めている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月7日のニュース