関大・高野が10K完投勝利「1点を取られたのが悔しい」

[ 2019年9月7日 14:13 ]

関西学生野球・秋季リーグ第2節1回戦   関大 3―1 立命大 ( 2019年9月7日    皇子山 )

<関大・立命大>1失点完投勝利を挙げた関大・高野脩汰投手(3年)
Photo By スポニチ

 関大の左腕・高野脩汰投手(3年)が7安打1失点で完投勝利を挙げた。

 「1点を取られたのが悔しい。全部、完封狙いでやっている」
 初回2死二、三塁を空振り三振で切り抜け、課題の立ち上がりを無失点に抑えると尻上がりに調子を上げた。力強い直球を軸に10三振を奪い「2ストライクと追い込んだら、いつも狙っています」と力を込めた。

 エース右腕の肥後が右肘を痛めて万全でない中、チーム開幕戦を託された期待に応える快投。早瀬万豊監督は「去年まではキャッチャーのサインに一生懸命に投げるだけだった。打者との駆け引きができるというか、投手としての幅が出てきた」と称えた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月7日のニュース