大工大が今季初勝利!失策から2失点も適時打許さず1点差勝ち

[ 2019年9月7日 16:27 ]

2019近畿学生野球秋季リーグ戦第2節2回戦   大工大3―2阪南大 ( 2019年9月7日    大阪シティ信用金庫スタジアム )

<大工大・阪南大>2回に右越えに先制のソロ本塁打を放った大工大・浜口
Photo By スポニチ

 今春王者の大工大が阪南大との接戦をものにし、今季初勝利を挙げた。2回に4番・浜口の右越えソロと敵失で2点を先制し、6回にも代打・安田の左前打で1点を追加。守備では2失策が絡み2失点したが、5人の継投で1本の適時打も許さなかった。

 4戦目でつかんだ1勝に田中恵三監督は「こうした接戦で勝ちきれるかが大事だと思っていた。そういう意味では今日は100点満点のゲームができたのではないか」とうなずいた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月7日のニュース