阪神・高橋遥、涙の6失点KO「投げる以前の問題」 逆転CS遠のく1敗

[ 2019年9月7日 05:30 ]

セ・リーグ   阪神3―6広島 ( 2019年9月6日    マツダ )

3回終了後、ベンチで矢野監督に声をかけられる高橋遥(撮影・坂田 高浩)
Photo By スポニチ

 ふがいなさに悔し涙がこぼれた。3位・広島と2・5ゲーム差で迎えた直接対決3連戦の初戦。勝ちが求められる一戦で、阪神・高橋遥が予想外に崩れた。2回に会沢に先制ソロを許すと、3回は6安打を集中され8月2、9日の広島戦に次ぐ1イニング5失点。8安打6失点でプロ入り後、自己最短となる4回でKOされたが、内容よりも最低限のプレーができなかったことを悔やんだ。

 「悔しいのは悔しいですけど、打たれる以前にやることをしっかりできていなかった。投げる以前の問題だと思う。チームが勢いづいてきたところでこういう投球をしてしまって情けない」

 反省したのは3回1死一塁からのプレー。西川の力ない一塁方向へのゴロを取りにいったが捕球できず。一塁・マルテがとったものの一塁ベースカバーにも入れず内野安打となって一、二塁とピンチ拡大。ここから4本の適時打を浴びた。ベンチに戻ると福原投手コーチらから厳しい口調で指導を受け、涙を流すひと幕もあった。

 仮にマルテが一塁に送球していてもアウトにできたかは微妙。ただ、矢野監督は「ベースカバーにいかないとか、それはチームとしてもう…(ダメ)。凡打でも“一生懸命走ろうぜって”と春からずっとやってきて、やり切ってんのに。そういうのをやっていないっていうのは。大事な試合でそういうことっていうのは俺は残念。それを伝えた」と当たり前のプレーができなかったことに怒りを覚えた。5点を奪われ、なおも1死一、三塁では堂林の投ゴロで本塁を狙った三塁走者の挟殺が遅れるなど投球以外でも精彩を欠き「試合に出ている以上やっていかなければと思います」と最後まで反省の言葉が並んだ。

 試合前には合流したソラーテが何とも不可解な理由で帰阪した。嫌な雰囲気を快投で振り払うことができず、逆転でのCS進出が遠のいた。 (長谷川 凡記) 

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月7日のニュース