阪神 福留の一打で初回に先制 木浪の粘りが先制点を呼び込む

[ 2019年9月7日 14:15 ]

セ・リーグ   広島―阪神 ( 2019年9月7日    マツダ )

<広・神>初回1死一塁、福留は右越えに先制適時二塁打を放つ。投手薮田(撮影・北條 貴史)
Photo By スポニチ

 阪神が初回から幸先よく先制に成功した。

 先頭の木浪が広島先発・薮田に対して13球粘った末に中前打を放ち出塁。近本は左飛でたおれたが、3番の福留が1ストライクからの2球目、甘く入った直球を完璧に捉えた。打球は右翼の頭上を越え、一塁から木浪が一気にホームイン。ベテランの右越え適時二塁打で先制に成功した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年9月7日のニュース