阪神・鳥谷「自分がどうするかは全然考えていない」 29日会談で球団方針聞く

[ 2019年8月30日 15:40 ]

室内練習場でノックを受ける鳥谷(撮影・大森 寛明)
Photo By スポニチ

 去就が注目される阪神の鳥谷敬内野手(38)が全体練習後に29日に行った球団首脳との会談について初めて口を開いた。

 「昨日会って話して、球団がどう考えているのかを聞きました。自分がどうするかは、全然考えていない」

 この日、阪神の谷本修球団本部長は会談したことを認め、「本来は自分で出処進退を決められる数少ないプレーヤーだと思っていますんで、そこは本人が決める話。答えはまだ。まだ全然出ていないです」と話した。今後の去就についての話しがなされた模様だが、結論は出ず、今後も継続的に話し合いの場を設ける方針を示した。

 鳥谷は神宮球場での今季最終戦だった25日のヤクルト戦後「自分も最後かもしれない」と意味深発言。5年契約が今季で終わり、今後の動向に注目が集まっている。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月30日のニュース