DeNA・筒香またも左腕から一発! 広島・床田から右越え26号先制ソロ 20号から7本連続左腕から

[ 2019年8月30日 18:48 ]

セ・リーグ   広島―DeNA ( 2019年8月30日    マツダ )

<広・D>1回1死、筒香は右越えに先制のソロ本塁打を放つ (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 DeNAの主砲・筒香嘉智外野手(27)が広島戦(マツダ)の初回に先制の26号ソロ本塁打を放った。

 「2番・三塁」で先発出場。1番・中井が中飛に倒れた後の1死走者なしという場面で入った第1打席で、広島先発の左腕・床田がカウント2―2から投じた内角シュートを右翼スタンドへ叩き込んだ。

 「手応え十分でした。しっかりとしたスイングで強く打つことができました」

 筒香の本塁打は17日の広島戦(横浜)で2回にモンティージャから右越え24号2ラン、8回にレグナルトから左越え25号ソロと両左腕から1試合2本塁打して以来11試合ぶりで、広島戦では球団別最多となる今季7本目。

 左打者の筒香だが、またしても左腕の床田から放った一発となり、9日の中日戦(横浜)でロメロから初回に左越え20号ソロ、5回に左越え21号満塁弾と2発を放ってからこれで7本連続で左腕投手からの本塁打。今季の本塁打はこれで右腕から12本、左腕からは14本目となった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月30日のニュース