智弁和歌山150キロ腕 池田がU18初戦の大役「感覚を確認した。だいぶ良かった」

[ 2019年8月30日 05:30 ]

30日開幕 第29回WBSC U18W杯

投球練習する池田(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 大事な初戦となる30日のスペイン戦に、池田が先発する。ブルペンで30球を投じて準備を進め、「感覚を確認した。だいぶ良かった」と言った。

 今夏甲子園16強入りした智弁和歌山の最速150キロ右腕。星稜との3回戦では、奥川と投げ合って8回1/3を自責点1と好投。「夏の星稜戦がピークで一度調子が落ちて、また戻ってきた」と自信を持って大役を務める。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月30日のニュース