阪神 糸原 巨人戦へ「やられているので、やり返せるように」

[ 2019年8月30日 05:30 ]

打撃練習をする糸原 (撮影・奥 調)
Photo By スポニチ

 阪神の糸原が、きょう30日から始まる巨人3連戦に向け、逆襲への執念を言葉に込めた。

 「やられているので、やり返せるようにしたい。今は(走者を)還す役割なので、チャンスで打って、なんとかチームに貢献できるように頑張ります」

 ここまで6勝13敗と大きく負け越している宿敵に、これ以上、負けるわけにはいかない。何より残り23試合で逆転CS進出を目指す今、一戦必勝の覚悟が重要。主将として、チーム全員の気持ちを代弁した。

 現在8試合連続先発出場中。うち7試合は5番で起用されており、この日も「5番・二塁」で出場予定だった。今季の5番での成績は30打数13安打の打率・433、5打点と目を見張る。「還す役割」と自覚する小さなポイントゲッターが、打線のキーマンの1人であることは言うまでもないだろう。

 ソラーテの影響で一時、出場機会が減ったが、コンスタントに結果を残す存在は不可欠。打倒巨人に導いてみせる。
(巻木 周平)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月30日のニュース