U18侍、初戦から試練 スペインに2点リード許し終盤へ 逆転なるか

[ 2019年8月30日 13:31 ]

第29回WBSC U18ワールドカップ   日本―スペイン ( 2019年8月30日    韓国・機張 )

<U18日本・スペイン>4回2死一、二塁、フェルナンデス(右)に右2点適時三塁打を浴びた池田(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 「第29回WBSC U18(18歳以下)ワールドカップ」が30日、韓国・機張(キジャン)で開幕。1次ラウンド・B組の試合が行われ、初の世界一を目指す日本は6回を終え、0―2でスペインにリードを許す展開となっている。

 先発の池田(智弁和歌山)は初回からリズムを作り、3回までパーフェクト投球。しかし、4回に2本の安打で2死一、二塁とすると5番・フェルナンデスに右越え2点適時三塁打を浴びて先制された。結局、5回62球を投げ、4安打2失点無四球6奪三振で降板。2番手として前(津田学園)がマウンドに上がっている。

 打線は2回、先頭の4番・石川(東邦)がチーム初安打となる遊撃への内野安打で出塁し、5番・遠藤(東海大相模)の犠打で二塁へ進塁したが6番・熊田(東邦)の中直で飛び出してしまい好機を生かせず。その後も相手先発・ルナの前に凡退に終わっている。それでも日本は逆転勝利を目指し、試合は終盤へと突入している。

続きを表示

この記事のフォト

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月30日のニュース