ロッテ 100日ぶり3位 アジャ決勝はまぐり弾

[ 2019年8月30日 05:30 ]

パ・リーグ   ロッテ5-4楽天 ( 2019年8月29日    楽天生命パーク )

10回1死、勝ち越しソロ本塁打を放った井上(右)は祝福される(撮影・尾崎 有希)
Photo By スポニチ

 ロッテが4番・井上の「はまぐり弾」で、5月21日以来100日ぶりのAクラスとなる3位タイに浮上した。

 「3ボールなので割り切った。最高。荻野さんのおかげです」
 4―4の延長10回1死、楽天の守護神・松井からバックスクリーンへ3試合ぶりの決勝の23号ソロ。148キロを完璧に捉えた。

 28日夜、仙台市内のはまぐり専門店で行われた「荻野はまぐり会」に参加。昨年4月24日の同会翌日の同カードも、延長10回に荻野が決勝打を放っており、カルシウム、タウリン、亜鉛などが含まれるパワーフードをたらふく食べ、みなぎる力をボールにぶつけた。

 荻野はこの日も3回に同点打。同じく参加の阿部は12年目で初ホールドと神懸かった縁起の良さだ。

 22試合を残し、昨季の59勝に並んだ井口監督は「井上はしっかり、4番の仕事をした」と会心の笑みだった。勝率5割にも復帰し、いよいよ上位進出への「カイ進撃」が始まる。 (福浦 健太郎)

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月30日のニュース