スペイン 逆転負けも侍U18相手に接戦演出 指揮官「お金や施設は少ないが…」

[ 2019年8月30日 16:30 ]

第29回WBSC U18ワールドカップ    スペイン2―4日本 ( 2019年8月30日    韓国・機張 )

<WBSCU18W杯 日本・スペイン>勝利し、スペインチームと握手する佐々木(中央右)らU18日本代表ナイン(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 「第29回WBSC U18(18歳以下)ワールドカップ」が30日、韓国・機張(キジャン)で開幕。1次ラウンド・B組の試合でスペインは接戦を演出したが、2―4で日本に惜敗となった。

 スペインは日本を苦しめた。先発右腕・ルナは7回を投げ2安打無失点の好投を見せた。打っては5番・フェルナンデスが4回に右越え2点適時三塁打を放って先制し流れを作った。

 しかし、8回に逆転を許し、リードを守ることができなかった。それでもリエラ監督は「日本はみんなが倒したいチーム。最後までいいチームを相手にしっかりと戦えた。誇りに思う」と胸を張った。

 7回の守りでは、2死一、二塁とピンチの場面で7番・武岡(八戸学院光星)が左中間へ放った打球を左翼手・ロドリゲスがダイビングキャッチで得点を阻んだ。敗れはしたものの、身体能力の高さを随所で披露。指揮官は「皆がスペインの練習で育った。お金や施設は少ないが、一生懸命ハードワークして頑張っている」と説明し「野球人口も少しずつ増えてきている。スペインの目標は世界の舞台でも勝つこと」と今後の飛躍を誓った。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月30日のニュース