「まってるから。」つば九郎の気遣いにカープファン感謝「仕事中だけど泣きそう」

[ 2019年8月30日 16:57 ]

ヤクルトのマスコット、つば九郎
Photo By スポニチ

 ヤクルトの球団マスコット「つば九郎」が30日、自身のブログを更新。28日に右膝半月板部分切除手術を受けた広島・田中広輔内野手(30)へ送った「まってるから。」のメッセージにカープファンから感謝と感動の言葉が相次いだ。

 切り込み隊長として球団初のリーグ3連覇に大きく貢献した田中広だが、今季は打撃不振が続き、今月22日に新人時代の2014年9月以来5年ぶりに出場選手登録抹消。その1週間後となった29日に手術を受けたことが発表された。

 球界随一の人脈を誇るつば九郎は他球団の監督、選手らと親交があり、広島の主力選手も菊池涼を「きくりん」、鈴木を「せいやくん」と呼んでブログでも度々メッセージを送っていたが、この日のブログではあえて田中の名前は出さず。自身が出演したイベントの報告をした後、最後の1行に「C#2。すぐのらいんへんしんありがとう。まってるから。」と短くつづった。名前は出さずとも「C」はカープの頭文字、「2」は田中広の背番号。田中広へのメッセージであることは明らかだった。

 これを受け、ツイッター上にはカープファンからつば九郎に向けたメッセージが殺到。「つば九郎ありがとう」「仕事中だけど泣きそう」「いつもカープの選手に優しいね」「つば九郎の『カープ愛』は相変わらず」「つば九郎泣かせないで…」「こーすけへのメッセージありがとう」「つば九郎好きすぎてヤクルトファンになりそう」「いつもカープのおとももちの事を気にしてくれてありがとう」と球団の垣根を超えたマスコットの“男気”に感謝と感動のメッセージがあふれた。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2019年8月30日のニュース