球宴「最後の1人」 セはヤクルト坂口 パはハム大田辞退でオリ安達が選出

[ 2018年7月10日 16:15 ]

<ヤ・巨>オールスターのプラスワン投票で選ばれた坂口がファイティングポーズを見せる(撮影・大塚 徹)                                       
Photo By スポニチ

 日本野球機構(NPB)は10日、「マイナビオールスターゲーム2018」(13日・京セラドーム、14日・熊本)に出場する「プラスワン投票」の結果を発表。セ・リーグはヤクルト・坂口智隆外野手、パ・リーグは日本ハム・大田泰示外野手が「最後の1人」に選ばれた。

 坂口は2度目、大田は初出場。しかし大田は左手第5中手骨骨折で9日に出場選手登録を抹消されており、出場を辞退。補充選手として、プラスワン投票2位だったオリックス・安達了一内野手が選出された。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年7月10日のニュース