ロッテ21年ぶり月間MVPダブル受賞…河本&小坂以来

[ 2018年7月10日 13:13 ]

6月の月間MVPに選ばれた角中とボルシンガー
Photo By スポニチ

 6月度日本生命月間MVP賞の受賞選手は10日、発表され、ロッテのマイク・ボルシンガー投手(30)と角中勝也外野手(31)が同時受賞した。いずれも初選出で、同時受賞は球団では1997年4月の河本育之、小坂誠(現1軍内野守備走塁コーチ)以来21年ぶり4回目だ。

 5試合5勝0敗、防御率2・31だったボルシンガーは「本当に名誉なことですし、大変光栄に思っています。6月はしっかりとした投球が出来ましたし、チームが白星先行で行けたのが非常に良かったと思います。引き続き、良いピッチングをして頑張っていきたいと思います」とコメント。22試合、打率・395、2本塁打、16打点の角中も「12年目で初めてなので素直にうれしいです。自分の調子が良かったというのもありますが、前を打つバッターやピッチャー陣がゲームを作って、自分のバッティングに良い影響を及ぼしてくれたと思います。この先もチーム一丸となって頑張っていきます」とさらなる活躍を誓った。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年7月10日のニュース