【長野】3年生3人だけ…小諸、延長制し4年ぶり夏1勝!

[ 2018年7月10日 13:48 ]

第100回全国高校野球選手権記念長野大会1回戦   小諸3―1飯田風越 ( 2018年7月10日    県営上田野球場 )

<小諸・飯田風越>延長11回、勝ち越しの生還を果たし、笑顔の小諸・高橋健主将
Photo By スポニチ

 小諸が飯田風越に競り勝ち、14年以来4年ぶりの夏白星を手にした。

 1―1で迎えた延長11回、右前打で出塁した3番・高橋健亮主将(3年)が、続く富岡俊輝(3年)の中前適時二塁打で勝ち越しのホームを踏んだ。3年生が3人しかいないチームをけん引してきた高橋健主将は「1年生の時から試合に出させてもらって夏の難しさはよく分かっているので、初戦に勝ててうれしい」と声を弾ませた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年7月10日のニュース