PR:

ロイヤルズは結城選手を責任を持って育ててほしい

入団会見でキャッチボールを披露するロイヤルズ・結城海斗(撮影・後藤 正志)
Photo By スポニチ

 ロイヤルズと16歳の結城海斗投手がマイナー契約を結んだ。今春中学を卒業したばかりで、日本の高校に進学せず、日本選手としては史上最年少で大リーグに挑戦する「異例の道」となる。8日に大阪府内で行った会見では「甲子園よりもアメリカで早く野球をしたいという思いが強くなった。不安もあるが、期待の方が大きい」と目標を語った。

 過去に前例の少ない挑戦を決断した勇気をまず称えたい。成功を遂げれば、彼の通った足跡に道ができ、将来の若者の目標にもなる。メジャーリーガーは決して高校、大学、社会人、プロ野球の実績がなくても、なれると証明できれば、同じ道を目指す選手が増えるだろう。

 ただ、メジャー球界も知るプロ野球の球団幹部は言う。「メジャーは素晴らしい最先端のトレーニングメニューもあり、選手への故障予防に対するケアも充実している。しかし、そこに選手本人の理解度が高くなければ効果は薄い。画一的なシステムの中、自分でそれを咀嚼する能力。若い子がいきなり飛び込むにはリスクがある」。言語も文化も異なる世界に対する対応力を身につけなければ、成長はできない。弱肉強食で入れ替わりの激しいマイナーリーグで「メンタル面も含めたサポート役は必ず必要になる」とも前述の幹部は言う。特に食事の栄養管理に関しては、メジャーリーガーでも苦労する部分だ。

 日本選手の青田買いで才能の流出を危惧する声もある。メジャーのスカウトが本気で16歳の選手をスカウトしてメジャーへ送り込む時代が来ている。それを縛るルールは日本に存在しない。

 中学生を卒業したばかりの年齢の選手がいきなり異国のプロの世界に飛び込むのだから、米スカウトは、リスクもあり、激しい競争の世界であることを十二分に説明してもらいたい。そして、入団後も継続的なサポートを約束してもらいたい。何より、ロイヤルズには責任を持って結城選手を支えてくれることを願う。(記者コラム・倉橋 憲史)

[ 2018年7月10日 10:20 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:09月21日11時〜12時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム