【福島】原町エース鈴木が準完全!9回2死から味方失策も…「うれしかった」

[ 2018年7月10日 13:53 ]

第100回全国高校野球選手権記念福島大会2回戦   原町2―0いわき総合 ( 2018年7月10日    県営あづま球場 )

準完全のノーヒットノーランを達成した原町のエース・鈴木
Photo By スポニチ

 原町のエース鈴木崇史(3年)が準完全のノーヒットノーランを達成した。自己最速を更新するMAX138キロの真っすぐを中心に、9回2死まで完全投球。だが、いわき総合の佐藤快(1年)のショートへのゴロを原町の遊撃手・猪狩大輝(3年)が失策し、快挙を逃した。

 鈴木はその直後の打者は打ち取り、ノーヒットノーランは達成。「うれしかった。ノーヒットノーランもできたし、全員でしっかり守ってくれたので良かった」と笑顔を見せた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年7月10日のニュース