ソフトB石川 5失点で5敗「ただただ申し訳ない気持ち」

[ 2018年7月10日 05:30 ]

パ・リーグ   ソフトバンク1―10日本ハム ( 2018年7月9日    東京D )

5回1死一塁 レアードに2ランを浴びる石川(撮影・三島 英忠)
Photo By スポニチ

 ソフトバンク・石川は2本の2ランを浴びるなど、5回途中で5点を失い5敗目。5月30日の阪神戦を最後に登板5試合連続で白星がなく「悔しいという感情よりも、ただただ申し訳ない気持ち」と語った。

 初回は先頭の岡に死球を与え、西川に甘い速球を右翼席へ。0―3の5回1死一塁ではレアードにしつこく続けたカーブを左中間に放り込まれた。この日は右肩の故障で戦列を離れていた東浜が3軍戦で実戦復帰したが、石川にかかる期待は依然大きい。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年7月10日のニュース