ロッテ 松永 史上41人目の1球勝利「名前は残りましたね」

[ 2018年7月10日 23:43 ]

パ・リーグ   ロッテ7―5西武 ( 2018年7月10日    メットライフD )

1球で勝利投手になった松永(撮影・木村 揚輔)
Photo By スポニチ

 ロッテの松永昂大投手(30)が10日の西武戦(メットライフドーム)で史上41人目(42度目)の「1球勝利」を飾った。

 4―4の7回2死一、二塁、先発・石川をリリーフすると、源田を初球135キロスライダーで一ゴロ。8回に味方が勝ち越し、今季初勝利。プロ野球の歴史に名を刻んだが「名前は残りましたね。ただ、石川に負けがつかなかったことがよかったです」と同学年の右腕のピンチを救えたことを喜んでいた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「稲村亜美」特集記事

2018年7月10日のニュース