巨人ヤングマン粘投6回2失点 球団助っ投3人目のデビュー2連勝

[ 2018年7月10日 05:30 ]

セ・リーグ   巨人8―5ヤクルト ( 2018年7月9日    静岡 )

6回2失点で2勝目を挙げたヤングマン(撮影・大塚 徹)
Photo By スポニチ

 巨人・ヤングマンが6回8安打2失点と粘投した。3回1死満塁のピンチでは、バレンティンを空振り三振、雄平を中飛に仕留めた。「本調子ではなかった」と得点圏に走者を4度も背負う展開となったが、勝負どころで踏ん張り、山田哲の2ランだけに抑えた。

 代打が送られた7回に味方が勝ち越し、2勝目が転がり込んだ。新外国人投手のデビューから2戦2勝は球団3人目。「守備にも助けられた」と感謝した。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年7月10日のニュース