楽天・嶋、豪雨被災地に支援を約束「次は僕らが助ける役割」

[ 2018年7月10日 05:30 ]

 楽天のベテラン・嶋が西日本で記録的な豪雨に遭った被災地の支援を誓った。楽天生命パークでの全体練習に参加した主将は「チームとして、球団として、できることをやっていきたい」と話した。

 浸水被害を受けている岡山県倉敷市はチームの秋季キャンプ地で、嶋自身もオフに自主トレを行っている。故郷の岐阜も被災。「東日本大震災の時は助けていただいた。次は僕らが助ける役割を担わないと」。義援金の募金活動など、支援方法を模索し、実行に移していく。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年7月10日のニュース