DeNA佐野が代打同点弾 被災の故郷・岡山に「良いニュースを」

[ 2018年7月10日 05:30 ]

セ・リーグ   DeNA5―4中日 ( 2018年7月9日    横浜 )

7回2死一塁、左越え2ランを放つ代打・佐野(撮影・島崎忠彦)
Photo By スポニチ

 岡山県出身のDeNA・佐野が、起死回生の同点弾でチームを今季2度目の4連勝に導いた。2点を追う7回2死一塁。代打で初球の外角低めのスライダーを左中間席に運んだ。直後にソトの適時二塁打で勝ち越しに成功。打線を勢いづける4号2ランに「1球で仕留めるのが自分の持ち味」と胸を張った。

 豪雨の影響で故郷の実家周辺は膝付近まで水があふれた。広陵時代は広島で3年間を過ごし「頑張っている姿を見せて(被災地に)良いニュースを届けたい」と力を込めた。

続きを表示

「名将かく語りき〜歴史を彩った勝負師たち〜」特集記事

「大谷翔平」特集記事

2018年7月10日のニュース