松坂の“先輩”上地雄輔も歓喜「誕生日プレゼントがおせー」仮想インタビューもつづる

[ 2018年4月30日 19:01 ]

上地雄輔
Photo By スポニチ

 タレントの上地雄輔(39)が30日、自身のブログを更新。横浜高の野球部時代にバッテリーを組んでいた中日・松坂大輔投手(37)がこの日行われたDeNA戦(ナゴヤD)で12年ぶりとなる日本での勝利を挙げたことを喜んだ。

 上地は「最高のヒーローインタビュー」とのタイトルでブログを更新。マイクに見立てたペットボトルを右手で握った自身の写真を掲載すると「名古屋のみなさん!ドラゴンズファンのみなさん!そして野球好きなくせに『あいつはもぉ無理だ、もぉ終わってるよ』とか言ってたアンチのおっさんのみなさん」と呼びかけ、「本日は見事に初勝利を掴み取りましたドラゴンズのDスケ投手に起こし頂きました!ナイスピッチング!!」(原文ママ)と自身がインタビュアーに扮しての“仮想ヒーローインタビュー”をつづった。

 上地の高校時代のポジションは捕手で、1年後輩の松坂とバッテリーを組んだ仲。「おふざけは置いといて、マジでおめでとう」とつづった上地。4月18日に39歳の誕生日を迎えただけに「誕生日プレゼントがおせーw」という言葉に隠し切れない喜びがにじんだ。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月30日のニュース