履正社学園 今シーズン公式戦で初勝利 輪玉が決勝打

[ 2018年4月30日 16:16 ]

JABA徳山大会準々決勝   履正社学園7―5光シーガルズ ( 2018年4月30日    山口県津田恒実メモリアルスタジアム )

<履正社学園・光シーガルズ>2安打の輪玉
Photo By スポニチ

 履正社学園が今シーズンの公式戦で初勝利を挙げた。

 3点差を6回に追いつくと、7回には2死満塁から途中出場の7番・輪玉が右前に決勝打を放った。「思った通りの打撃が出来た。チームが勝てて良かった」とニッコリ。9回にも右前安打を放つなど、2安打の活躍だった。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月30日のニュース