西武・源田 早くも今季6本目三塁打!シーズン最多記録は18本

[ 2018年4月30日 13:45 ]

パ・リーグ   西武―楽天 ( 2018年4月30日    メットライフD )

<西・楽>1回裏1死、源田は三塁打を放つ
Photo By スポニチ

 西武の2年目・源田が、早くも今季6本目の三塁打を放った。

 初回1死で打席に入ると、楽天先発・池田のスライダーを叩いた打球は右中間を深々と破った。快足を飛ばした源田は楽々三塁へ。続く3番・浅村の右犠飛で先制のホームを踏んだ。

 昨季は両リーグトップの10三塁打。今季は4月までにその半数以上を打ったことになる。シーズン最多記録は1951年の金田正泰(阪神)の18本が、源田がどこまで迫れるか。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月30日のニュース