PR:

パナソニック吉川が10K2失点完投 阪神、オリスカウトら熱視線

社会人野球・JABA京都大会 準決勝   パナソニック4―2日本生命 ( 2018年4月30日    わかさスタジアム京都 )

<パナソニック・日本生命>準決勝で2失点完投勝利のパナソニック・吉川峻平投手
Photo By スポニチ

 今秋ドラフト上位候補のパナソニック・吉川峻平投手(23)が9回7安打2失点で完投し、チームを決勝に導いた。

 「調子はよくはなかったが、ダブルヘッダーの決勝戦を考えて最後まで1人で投げ抜くつもりでした」

 140キロ台中盤の速球にスライダーなどを交え、4回は打者3人を3球で片付けるなどテンポの良い投球。8回2死一、二塁から皆川に2点二塁打された場面は「相手が待っている直球が甘く入った」と反省したが、後続を打ち取り追加点を許さなかった。9回は3者連続空振り三振。2桁10Kで締めくくった。

 阪神、ロッテなどのスカウトが視察。オリックス・内匠政博スカウトは「これからもっと調子を上げてくるんじゃないかな」と話した。

[ 2018年4月30日 13:03 ]

Webtools & Bookmarks

注目
アイテム

ニュース

注目アイテム

スポニチwikiランキング

      人気ニュースランキング(野球)

      ※集計期間:09月24日23時〜00時

      » 続き

      【楽天】オススメアイテム
      クイックアクセス

      プロ野球

      特集・コラム