早大 エース小島が乱調…今季初の勝ち点ならず

[ 2018年4月30日 17:19 ]

東京六大学 3回戦   明大9―4早大 ( 2018年4月30日    神宮 )

明大戦に先発した小島
Photo By スポニチ

 早大はエース小島和哉投手(4年)が5回9安打9失点を喫し、今季初の勝ち点を逃した。

 初回に3四球に2失策が絡み5失点。左腕は「ミスがあったとしても、自分のせいです。申し訳ない」と悔やんだ。

 29日は5投手で15失点。エースは「長いイニングを投げなきゃいけないと思って慎重に入りすぎた」と反省。高橋広監督は「小島は粘り強く投げてくれたけど、四球、四球では厳しい。1戦目と3戦目に勝てる投手になってほしい」と話した。

続きを表示

「大谷翔平」特集記事

「始球式」特集記事

2018年4月30日のニュース